2010年12月22日

家族宴会

昨晩ワタシは宴会入ってて、コドモたちにはお金を渡し、お弁当でも買って、と伝言していったのだけど、帰宅後見たらしっかり料理した跡が・・・。
お金はもちろん調理した息子の懐へそのまま消えたようだ;娘は食っただけか。

3歳違いの息子と娘はきょうだいケンカをしたことがない。
ワタシは息子とも娘ともフツーにケンカするけど。

先日娘が、「Y一郎(息子のこと)はすごいなーってあらためておもった」とつぶやいたので、なんで?と聞いたら、
「中学生のときから毎日、日経新聞を学校に持っていってたでしょ?休み時間とかに新聞読んでる中学生いないし。」と返ってきた。
それってビミョーに褒めてねーし;
でもワタシもそう思う。きっと浮いてたよね〜、と思うが、そんなこと気にするやつじゃないのだ。
今も学校にはあんまり行かなくてもフツーに友達多いし、成績が悪くても出席日数が不足してても怒られても、究極には困ってないのだ。

なんで困らないのかワタシぜんぜんわからんけど。
そんな息子に「いつも楽しそうなのはいいけど、母、不安定過ぎ。」とこの前言われた。
学校行かんやつになんでそんなコト言われんといかんとかな〜ムキー!!

取材されたとき、林道につれてったとか、写真の取り直りを要求したとか、脚立を提供したとか、言ったら、「空気読めハズカシー!!何やってんの!」と怒られたりもした。

ケータイに関してのPTA的啓発活動についても、「ネットに本名を出さなければいいっていう問題ではないでしょ。プロフやブログ自体が悪いわけじゃない、そんな程度の指導で根本的に改善するわけがない。ビジネスじゃネットでも実名出すのが常識。そういう使い方ができるようになる指導が必要じゃないと?」と切り込んできた。

そんな息子なので、スイッチはいると、
会社の合併から新製品情報、地方の政治や経済的な動きまで、ワタシの飲み相手をしながらの夕食宴会に突入してしまうのでした。
そこに天然の娘が10分に1回くらいボケ入れつつ、ホリフミにお酌してくれるという図式。

旦那さんがいなくても楽しい食卓。
・・・なんだけど、ワタシも世の中を学習しないと、このままでは話し相手にならなくなってしまうな;


posted by ホリフミ at 17:58| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 人間観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。