2008年02月13日

印刷物の予算

今日は、有害環境対策のリーフレット制作のお話を頂きました。
ワタシはどうも半公的・・・というか社団法人・財団法人、教育団体etc な仕事が多く、制作予算の額には毎度驚かされます。
民間や店舗がかける告知物の予算は微々、と言っていいかも;逆に驚く。
いずれにしてもワタシのところに入ってくる制作費はそう変わりません。
良心的・・・つーか安価と言っていいと思います。
ただ打ち合わせ回数の少ないもの優先デス。毎度ありがとうゴザイマスo(_ _ )o〜〜

子どもの学校のPTAの広報予算の使い道もな〜
はっきり言ってぼったくられてるんだけど、黙ってる私。
この黙ってるっていうのは決してイジワルじゃないですよ。
たぶん委員長さんは私がプロだと知らないし、
いろいろノウハウ伝えても、素人さんにはその環境が整ってるわけでもなく
委員長さんひとりに負担がかかるようになり、私がいなくなった後は責任もてない。
ボランティアはそこにいるものが試行錯誤してやったほうが、やった感あるでしょ。
聞かれたら助言はするけど、予算の範囲でやってるから、副会長が言うことは何もナイ。
逆に私がプロだと知ってて、広報委員長になってくれ、と言ってくださる方に
今後のリスクを説明するほうがなんかちょっとムズカシイ。


それにしてもどんなにデジタル化しても紙はなくなりません。
今日の校正受け取りも、やはり直接行きました。今回は写真の色校正も含めてなので。

運転・・・疲れましたよ;10分くらいだったのに。
やっと今日は発熱しないみたい( ´ー`)フゥー



posted by ホリフミ at 19:11| 熊本 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事&DTP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。