2008年02月23日

有害環境対策

昨晩は、遅くまで作業しながら
お友達とメッセンジャーで会話してたんですが、
久しぶりに息子(中1)が上がってきました。
彼はいつもスカイプなので、Yメッセンジャーはほぼ使ってない。
Yメッセンジャーだと、ワタシに使用中がバレるのが嫌なだけかもしれないけれど。
昔はこれで、「おなかへったー」とか「おやすみー」とかもはいってきてた;
叫べば声が届く狭い家なんだけど。

で、いろんな時事ニュースやテクノロジーのニュースも彼に教えてもらっています。
例えばケータイ、18歳未満はフィルタリングのご時世ですが、息子にはその必要性はまったく感じないです。

娘にはフィルタリングかけます。
フィルタリングが導入されると、モバゲー、チャット、掲示板、公式ホームページ以外のネット閲覧、私設ブログなどの閲覧も出来なくなります。確認してませんが、メッセンジャーもですかね?

息子は小4でホームページ作れるくらいには、息をするようにネット環境に居たので、いろんな経験から有害サイトの存在を知りながらスルーできるようには育ったのだけど、同じ環境に居ながら、娘はパソコンを使うことに興味を持たないのでした。

その息子が、熊本県の教育機関のファイアーウォールは他県に自慢していいんじゃ?というので

今、有害環境とかで県PTAが取り組んでいる実情などの話をしました。
…なんかいろいろ"試みた"らしいです;あぶねーな;

仕事でも、今度フィルタリングなチラシ作成するんですが、
フィルタリングって、実際どうなの?
発生は校則と同じ理由かも。
フィルタリング(禁止)という手段でしか、どうにも出来ないのかな〜

ワタシはまだ、
思春期だけどちょっとサンプルにはなりえないような息子しか育ててないので
ヤツラの成長度合いも含めて、諸教育団体が有害環境対策を推進している真意を発見したいなーと
ちょっと曲がった目で見ています;;

なぜなら。
私は大人ですが、いわゆる有害環境が大好きだからです;;すんまっせーん;;


posted by ホリフミ at 12:57| 熊本 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
色々あって、年頭よりムスメも携帯所持。

ドキュモのフィルタリング?は「あって無きが如し」の典型なんで、ハナから埒外。
ボサ家的にゃ、未だに「ナニ閲覧てるン?」より「幾ら使ったじゃ?!」なレベルだし(^^;;

>私は大人ですが、いわゆる有害環境が大好きだからです;;

コノ部分は難しいなぁ...
お互い、家人に「バレてる」しねwww
Posted by ボサ父 at 2008年02月23日 22:09
ボサ父さま、スルドイ…!
いくら使った?レベルが一番いろんな問題を反映してるのではないかと、私も思うわけです。
金額見れば変化は一目瞭然で、禁止だけならむしろリミットかけるほうが効果あるような。

ところで。
ボサ家も家人にバレてるの?どのくらいバレてるのかな??(^-^;ドキドキ
Posted by ホリフミ at 2008年02月24日 00:53
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。