2008年05月14日

えほん

仕事進まなかったヽ(ー_ー)ノ

5年ぶりぐらいに読み聞かせしましたよ。
てゆーか、久しぶりに絵本をかったのだ。
月刊「かがくのとも
最新刊の「やまをこえるてつどう」
これは、人吉−吉松間のしんぺい・いさぶろう号の話なのだ。
スイッチバックやループ線、日本3大車窓ともいわれる風光明媚な路線で、
わたしくしの実父であるクソ親父殿wが最後にJR勤めたところ。

しんぺい・いさぶろう号も父が導入したのが始まりで、
そのことを子どもらに伝えたいがために、この絵本買いました。
電車を止めて景色を見る、という趣向も父の発案だったらしいので、
生きてるうちに教えとこうと思って。

わかりやすい絵本でしたよ。
私も始めて知ったことが書いてあったし。
例のユーレイトンネルなんてのも書いてあると歴史にも興味もてたかもだけど
対象年齢5〜6歳なのでしかたないか。

私が妊婦の時、乗ったときは
鹿をはねて、列車が故障しました。
すごい衝撃で、産気づくかと思ったw
同乗してた夫が列車を応急修理して、次の駅までたどり着いたという・・・(実話)
今思えば、乗車客に修理させたことがばれたら、本社から目玉食らうところだったでしょうが、
当時事業部長だった父は始末書をごまかしたばかりでなく、
はねた鹿をあとで拾いに入って、鹿鍋をしたらしいです・・・ヒドくね?私の愛すべきクソ親父殿。

そういう、思い入れのアル路線なのでした。


もひとつ絵本を探していますが
ねーのよ〜〜〜
「どんぐりノート」
欲しい欲しい。


posted by ホリフミ at 00:54| 熊本 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 読書&マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
絵本より…おもろー(長音記号1)(^O^)/
Posted by ma‐san at 2008年05月14日 02:17
どんぐりノート
Amazonにありましたぜ
違う本かな?
Posted by れんと at 2008年05月14日 02:53
#ma-sanさま
何がおもろなの?!(゚-゚)ドキドキ

#れんと様
そう、アマゾンにはある…のですよ。
違うルートで理想的に手に入りそうなので、待つとします♪
Posted by ホリフミ at 2008年05月15日 01:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。